一攫千金の狙い方(宝くじの巻)

2011年12月19日 21:20

●宝くじ あなたは買う派? 買わない派?
まさに激動と呼ぶに余りある、2011年も、幕を閉じようとしています。
毎年恒例の大晦日一大イベントといえば、「紅白歌合戦」と同じくらい、すぐに思い浮かぶのが、年末ジャンボ宝くじの抽選ではないでしょうか。
抽選会の模様は、大晦日にテレビでも放映されるようなので、これまでにご覧になった方も、いらっしゃることでしょう。


統計によりますと、過去に1度でも宝くじを購入した経験のある推定人口は、およそ7,991万人だとか。 単純に計算して、日本国民の実に75%以上の人が、一度は宝くじを買った経験があることになります。





参照表1 http://www.jla-takarakuji.or.jp/date/date2/01.html
(宝くじに関する世論調査より)




●2011年の宝くじの当せん確率ってどのくらい?

2011年の「年末ジャンボ宝くじ」は、1等が2億円、1等の前後賞が各5,000万円で、1等・前後賞合わせて3億円と、当選金も超高額となっています。


さらに、今年は、1等の当せん本数が132本で、1ユニット(1000万枚)あたり2本と、昨年に比べて1等の当せん確率がなんと、2倍に増えているのです。
さらに、2等も1億円で、当せん本数は66本となっています。
2011年の年末ジャンボ宝くじによる億万長者が、198人も誕生することになる計算です。
果たして、その顔ぶれの中に、あなたは存在するか否か? 1本でも買っていたら、当せんする可能性は、もちろんゼロではありませんよ。


ちなみに、2011年の宝くじの当せん確率は、500万分の1です。
ざっと見積もって、東京に住んでいる人の1人か2人は当たる計算です。


●確実に当てたいなら何本買えばいい?

たくさん買えば買うほど、当然のことながら、当せんする確率を上げることができます。
ただ、2011年の当せん本数が倍増したとはいえ、1等が当たる確率は1000万分の2です。東京に住む人の中で、1人か2人が当たるくらいのイメージです。


確実に1等を当てたいのなら、やはり1ユニット(1000万枚)ごと買えばいいってことになります(苦笑)
これは、1枚300円として、しめて、30億円もかかってしまう計算です。
当せん確率を考えていたら、宝くじを買う気も失せてしまうかもしれませんね。


ちなみに、西銀座デパートチャンスセンターの宝くじの販売枚数は、1000万枚を越えているそうです。理論上確実にその売り場からは、1等が出ることになります。
販売枚数を1000万枚超すような大型売り場店から毎年のように高額当選者が出るのは、ある意味、当たり前のことなのですね。


●宝くじに当たりやすい人物像

参照リンク http://www.jla-takarakuji.or.jp/if/if4/02.html

平成22年度の宝くじ長者白書(1,000万円以上の当せん者1,337人へのアンケート調査結果)から、宝くじに当たりやすい人物をイメージしてみました。


その人物像とは、ズバリ!

勝本太郎さん、60代。獅子座の元サラリーマン。年末ジャンボ宝くじを、10年以上買い続けているという購入歴の持ち主。宝くじの購入の際には、縁起をかついで大安吉日の日を選び、高額当選者が続出するという評判の宝くじ売り場まで、遠路はるばる足を運ぶ。買った宝くじは、抽選の日まで、大切に机の引き出しの中に保管し、日頃から、お金を大事にする習慣がしっかりと身についている。「いくつになっても夢を持ち続けたい」「何事もやってみなけりゃわからない」という、チャレンジ精神が旺盛で、明るく前向きな人。
ということになりました。


●それでも宝くじを買うことによるメリット

一攫千金を狙うなら、宝くじよりも、投資やギャンブルなどの方が、確率的には、はるかに可能性があるということになります。
それでも、世の多くの人々は、宝くじを買い求めます。
それはなぜか?
やはり、宝くじを買うことによって、恋のときめきにも似た、ウキウキワクワクした感覚を味わえるからではないでしょうか。
当選金の使い途を、あれこれと空想するのは、楽しいものですよね。
ちなみにワクワクした感覚を味わうことは、人間の心身にとって、プラスの効果をもたらすことになるそうですよ。


ウキウキワクワク気分でいられれば、いわゆる「引き寄せの法則」が作動し、物事が好ましい方向に運ばれやすくなるとか。


宝くじのほかの、思わぬ幸運を引き寄せることになるかもしれません。そういった意味では、宝くじを買うことによるメリットは、十分にあるといえるでしょう。
宝くじを囲み、ご家族やお仲間と、しばし楽しい語らいのひとときをお持ちになってみてはいかがでしょう。


PN:佐藤 理子

関連キーワード

マネーカテゴリ