スマホで変わる家計簿

2012年6月25日 08:00




新婚の主婦、一人暮らしを始めた学生や新入社員が一度は思いたつ、「今日から家計簿をつける!」という目標。しかしながら、長続きさせることはなかなか難しく、レシートをどこかになくしたり、項目ごとの集計が面倒だったりして、3日坊主で終わってしまう人も多いのではないだろうか。

そんな、「大事なのは分かっているけどなかなか続けられない」という家計簿のイメージが、「手軽に楽しく続けられる」に、変わりつつある。その立て役者は、スマートフォンの「家計簿アプリ」である。

スマートフォンでは、ゲームをしたり新聞を読んだり、様々なことを、専用のプログラム(アプリ)をダウンロードすることで、行うことができる。その中にある、家計簿アプリの使い勝手が、なかなかに優れているのである。今回はそんな、最近の家計簿アプリについて紹介してみたい。

まず、基本的に、スマートフォンの家計簿アプリの何が優れているかというと、入力した収入、支出を自動でグラフにし、見やすく表示してくれるところである。例えば、アンドロイド携帯向けアプリ紹介サイト「アプリコ(appliko)」で評価が高い家計簿アプリの一つ「かけ~ぼ」では、下のような集計を自動で行ってくれる(画像はアプリコウェブサイトから引用)。


このように、費用項目ごとの合計金額や収支の合計だけでなく、それぞれの割合をグラフ化して示してくれる。お金の動きが一目で分かるようになるため、「今月は趣味にお金を使いすぎたな」とか、「食費が少なめだから今日は美味しいものを食べようかな 」といった判断を、家計簿を見ながらすることができるようになる。家計簿が毎日の生活で実際に活かされるため、長く続けられるようになるのだろう。

パソコンの家計簿ソフトでも、グラフの自動生成などは普通に行ってくれるのだが、スマートフォンの場合、お金を使ったその場で入力できるため、「寝る前にパソコンを立ち上げて、一日のレシートを一つずつ入力する」という面倒さがなく、手軽に使うことができることも、長続きを助ける一因となっているだろう。実際に、「かけ~ぼ」を使っているユーザーからは、「今まで家計簿なんてつけたことなかったけど、すでに2ヶ月続いている」「日記やメモ感覚で使える」といった感想が寄せられている。

また、スマートフォンでゲームをしている人も多いと思うが、ゲーム要素を取り入れた家計簿アプリもある。例えば、「こづかいdeクエスト」というアプリのメイン画面は下のようになっている(画像はhttp://octoba.net/より引用)。


ご覧の通り、知る人ぞ知る某有名ロールプレイングゲーム風の画面となっており、自分で決めた予算内で家計をやりくりすることで、勇者がレベルアップしたり、装備が変わったり、様々な変化が楽しめるようになっている。このアプリはiPhoneでもアンドロイドでも利用可能。ゲーム風の家計簿アプリの場合、普通のアプリと比べて実用的な機能が限られていることもあるため、事前にいろいろと比較してから使ってみてほしい。

また最近では、複数の口座管理や、資産運用の状況などをインターネット上で管理できる、「ネット家計簿」というものがあるのだが、これと連動したアプリをスマートフォンにダウンロードすることで、さらに便利に利用することができる。例えば、イー・アドバイザー(株)が提供する「マネールック(MoneyLook)」というサービスの場合、家計簿、資産運用、口座管理、目標管理(例えば車を買いたい、など)を一括で行うことができるのだが、専用のアプリをダウンロードする(現在はiPhoneのみに対応)ことで、家計簿をつけたりなどの一部機能をスマートフォンで行うことができる。

以上、いろいろと紹介してきたが、家計簿アプリを使うことで必ず家計簿をつけられるようになるわけでは、もちろんない。まずはなるべくシンプルで使いやすいものから初めて、少しずつ機能を増やしていくことが、長続きさせるためのコツである。


<参考URL>


アプリコ(アンドロイド向けアプリ紹介サイト)
http://appliko.jp/
マネールック
https://www.moneylook.jp/

ペンネーム:T.E.
マネーカテゴリ